ピアノ入門!何から始めるか

ピアノ入門!何から始めるか

 

ピアノを弾いてみたい!ピアノを始めてみたい!
私もあんな風にピアノを弾けたらどんなに楽しいだろう。。

 

大人になってからピアノを弾いてみたいと思った方、おめでとうございます。
あなたは今この瞬間から、人生を彩る一つの選択肢を得ました。
ピアノはとても素晴らしい楽器です。自信を持ってお勧めできます!

 

さて、大人になってからピアノを始めるにしても何から始めるかが悩ましいところですよね。
そんな方へ、大人のピアノレッスン入門と題しまして、何から始めるといいかを私なりに考えてみたので書いてみたいと思います!

 

まずはピアノを用意するところからですが、これはまぁ省きます。
ピアノを始めたいと思う人の大半が、ピアノ(鍵盤楽器全般含む)を持っていると思いますので。

 

次に用意するのは身の丈に合った楽譜です。
目指すところにもよりますが、楽譜を読めて損はないと思いますので、身の丈に合った楽譜を用意しましょう。
市販でもいくつもあります。ネットが得意な方ならネットでもあると思います。
簡易版編集のクラシック楽譜でもいいですし、子供向けの教材でも構いません。
とにかく、自分で努力すれば読める、練習できる楽譜を用意してください。

 

楽譜を用意したら、楽譜の読み方を学びましょう。
記号や音符の種類などはインターネットでいくらでも調べられます。
「楽譜 読み方」「音符 種類」などでたくさん出てきますので、無料です。
焦らず少しずつ覚えていきましょう。時間をかけるっていうのも大切なことです。

 

いよいよ実践ですが、ここでも焦らない、自分を否定しないことが大切です。
せっかくピアノを始める気になったのにここでイライラしていたらこの先持ちませんし、
せっかくの機会を棒に振ることになっては勿体ないので、ゆっくりとやっていく意識で始めましょう!

 

楽譜に書いてあるト音記号の「ド」はどこの位置かな?からで全然OKです。
そのト音記号の「ド」から数えていくつ上とかいくつ下、という数え方で全然大丈夫です。
誰でも最初は初心者です。初見が得意な人も最初はあなたと同じ全く楽譜の読めない人だったんですから。

 

そして楽譜をピアノで奏でてみましょう。
バカにしてるのか!と言われそうですが、あなたはもうピアノを弾いています。
いいですか?
あなたが大目標にしているような曲も、ここまでに書いたことの繰り返しです。
誰でも新しい楽譜を前にしたときは高い壁のようなものを感じるんです。
それを何か月も時には何年もの歳月をかけて自分の曲にしていくんです。
だから焦ってはいけません。自分のペースで、1日1小節ずつでも弾けるようになれば大成功!

 

1、楽譜を用意
2、わからない記号、符号、音符を理解
3、練習(いつか覚えます。頭で覚えるのではなく手が覚えるっていうほど同じことを繰り返します)
4、納得のいく出来になればまた1に戻る

 

これの繰り返しで、繰り返していくうちに慣れてきます。
子供のころからやってきている人は、物心つく前からこれをやってきているから有利であり、
別にあなたが劣っているわけではないのでご安心を。

 

以上、何から始めたらいいかを私なりに考えてみました!
参考になれば幸いでございます!
最後まで読んでいただいてありがとうございます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
aaaaaa