ピアノの弾き方ってなんぞ?

ピアノの弾き方ってなんぞ?

 

私が昔、大学に行っていたころの話を少ししてみようと思います。
その大学は途中で辞めたんですが、今となっては大学時代ほど楽しかった時間はありません。
毎日毎日ピアノを弾くのが仕事のようなもので、
その当時はそこにありがたさなどは感じませんでしたが、今となっては
丸一日ピアノに費やせるなんてこれ以上ない幸せを得ていたな。。と。

 

まあそんな話は置いておいてですね、
その時代に師事していた講師の方にこう言われたことがあるんです。
「弾き方がなってない。ピアノの音を鳴らしなさい。」と。

 

当時の私は意味が分かりませんでした。
今鳴っているのは、私が鳴らしているのはピアノではないのか?
弾き方がなってないとはどういうことだ?姿勢?手や手首や指の使い方?

 

正直今でもよくわかりません。
だからプロのピアニストになることを諦め、今でもならなくてよかったと思うんでしょう。

 

ピアノの弾き方が分からない、という人をよく見かけます。
私からしてもピアノの弾き方って何?と思います。

 

そこにピアノがあって、それをあなたが鳴らせばピアノを弾いています。

 

わかってます。それでピアノが弾けるといえるかどうかですよね。
もちろん答えはNOです。
ドの音をポーンと鳴らしたところでそれはピアノを弾いているとは言わず
ピアノの音を鳴らしているにすぎませんから。

 

でもですよ?考えてみてください。
どんなにすごい曲でも、その積み重ねなんですよ。
和音だったりアルペジオだったり、すべてが単音の積み重ねでありハーモニーであるということ。
つまりはあなたがピアノのドの音をポーンと鳴らした。
その延長線上にあの壮大な曲は成り立っているということです。

 

あなたがピアノの音を鳴らしたその瞬間からあなたはピアノの弾き方を体で感じているんです。
難しく考えなくていいと思いますよ私は。
楽しくピアノの音を鳴らせれば、それはいつか他人に聞かせられるレベルまで成長しますし
ピアノの弾き方なんてのは考えるより感じるものだと私は思います。

 

プロを目指すなら、今のプロに認めてもらえるような「狂った」弾き方が必要ですが
楽しくピアノを弾きたいという方はそんなこと考える必要もないと思います。

 

以上、今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。


ホーム RSS購読 サイトマップ
aaaaaa