人生楽しんだ者勝ち

最終的には楽しんだもん勝ち

 

みなさんピアノ楽しんでますかー?(*^0^*)
今回はどんなにピアノを弾いてても最終的には楽しめなければ意味がないという話をしていきたいと思います。

 

例えを出しましょう。
3歳からピアノを習っていて絶対音感持ち、譜読みも難なくこなせる、初見も得意。
20歳からピアノを初めて、ヘ音記号の譜読みは苦手、初見なんて以ての外。
この2人でよりピアノを弾いて楽しめるのはどちらか?

 

多くの人は前者を選ぶと思いますが、私はそうは思わないんです。
どっちも楽しめるし、ピアノの音を自分で奏でられる喜びを感じられるのはまず間違いなく後者です。

 

だからなに?と言われればそこまでなんですが、
ピアノという楽器を弾く以上、そこに最低限楽しいという気持ちはあってほしいなと思うわけです。

 

ピアノ初めて1年だけどすごい楽しいんだよね!この間、両手できらきら星弾けたんだ!
という喜びを、その時間を、大切にしてほしい。
壮大なソナタやバラードなどを弾けるのがピアノのすべてではありません。

 

大切なのは自分のピアノに対する気持ちや愛情と、感性。
そして何よりあなたの人生を彩るピアノという素晴らしい楽器を全身全霊で楽しむこと。
そうじゃなければピアノもあなたもかわいそうです。

 

要するに楽しんだもん勝ちってことです。
楽しければOK!
あなたの時間を、人生を素晴らしいものにするためにピアノがあるんですから。


ホーム RSS購読 サイトマップ
aaaaaa